ジグソーパズルの魅力とは 🔶 自己肯定感を育てるための子供との関わり方。

  • 2017.03.26 Sunday
  • 15:54

JUGEMテーマ:子育て日記





🔶 3才児のパズルの楽しみ方をご紹介しながら、自己肯定感を育むためのこどもとの関わり方をお伝えしていきます。



mamaingです。
先日、まだパズルをほとんどしたことがない姪っ子ちゃん3才との関わり方から、3才児のパズルの楽しみ方の一例と自己肯定感についてお伝えしていきます。


🔶 3才児に3種類のパズルをすすめてみました。

我が家の子供たちも、型はめ知育玩具からジグソーパズルに移行する時にこちらのタイプのジグソーパズルをいくつか試してみました。

詳しくは、こちらの記事でお伝えしています。

幼児期からのパズルの進め方 🔶 mamaingがパズルで子育てを薦める理由。





こちらのパズルは、3種類がセットになっていて、数字が大きくなるに連れて、ピースの数が9ピース→13ピース→15ピースと増えていく商品です。

長く使えてとてもお得感が高いですが、ビニールの袋から出し入れしにくいので、我が家では3つにカットして使っていました。


🔶 ピースの少ないジグソーパズルから始めます。



まずは、ピースの少ない1〜5の数字の描かれている9ピースのジグソーパズルを何のアドバイスも無しで作ってもらいました。

これは、なんなくクリアです。
姪っ子ちゃんは、感覚的に出来てしまう子のようですね。



次に13ピースのジグソーパズルをしてみます。
これはやや苦戦している様子です。
3ピース入れて手が止まってしまいました。
9ピース→13ピースは4ピースも違うので、この差は大きそうです。



苦戦していたので、「角」になる部分を指でなぞって教えてあげます。
すると、すぐさまピースを4つほど入れることが出来ました。



しかし、またわからなくなってしまいましたので、周りの「枠」になる部分を指でなぞって教えてあげました。
このアドバイスでもすぐさまピースを入れる事が出来、なんとか完成しました。



そして、最後の三つ目の15ピースのパズルです。
何度も手が止まってしまいますが、「角」と「枠」を再度教えてあげると、少し進めることが出来ました。



しかし、それでも混乱している様子だったので、「絵柄の向き」に注目してみるようにアドバイスしてあげます。
これで、全部完成しました!!

もう、集中力は切れてしまった様なので、これで終了です。

姪っ子ちゃんは、満面の笑みで満足げでした!


🔶 ジグソーパズルの魅力。



ジグソーパズルの魅力は、小さな達成感を何度も積み上げて行くことです。
出来上がった時の子供たちの達成感と自慢げな表情からもわかりますよね。

ジグソーパズルをしていく事で、小さな達成感を積み上げて行き、自己肯定感や自尊心を育む事にもつながります。

自己肯定感に関しては、生きる力を育む事につながるとして、文部科学省をはじめとしてたくさんの専門家の方が、それぞれの視点で提唱されていますね。

簡単に説明すると、『自己肯定感は、子供が自分自身を肯定的に感じる気持ちの事』で、『自己肯定感が育まれている子供は、色々な事に挑戦する力が持てたり、人を大事に思う気持ちに繋がっていく』と言われています。

主に乳幼児期の親の関わり方を基礎として、その後の育て方や環境が重要だと言われていますが、正直、ピンとこない、または、どんな事をしたら良いか疑問という親御さんがほとんどでしょう。


🔶 自己肯定感を育む事につながるジグソーパズルの取り組み方。



そこでmamaingがオススメしたいひとつのツールが、ジグソーパズルなのです。

ジグソーパズルは、自分との戦いです。
あらゆる試作を講じて挑むひとつのミッション=重要な任務なのです。

通常、子供にお手伝いをお願いすることもひとつのミッションとなり、自己肯定感や自尊心、達成感を味わえると思いますが、親御さんの関わりが非常に密に必要となります。

例えば、お料理なら包丁を使う、お掃除ならお水を使うなど、場合によっては、安全に行うための手順を考えたり手伝わなければならず、親御さんの負担に感じる事もあるのではないでしょうか?

でも、ジグソーパズルなら?
小さい頃から、基本を教えてあげれば、自分で進め方や取り組みの流れを考えだし、自分だけで行うことが安全に出来るのです。

子供がしたい時にさせてあげる。

これが、なかなか大変ですよね。
でも、子供がしたいときにさせてあげることが、子供の成長を助ける事になるのです。
我が家の子供たちは、モンテッソーリ教育を受けています&いましたが、モンテッソーリ教育では、敏感期というそうです。


🔶 高額な幼児教育よりもコスパが良いのは、ジグソーパズル。



我が家の子供たちは、幸運な事に、モンテッソーリ教育というまさに生きる力を育むための教育を凝縮した保育を行っている幼稚園に通うことが出来ました。精神科の看護師や養護教諭をしてきたmamaing的に非常にバランスのとれた幼児教育のひとつだと感じています。
しかしながら、それは誰しもが恵まれる事ではありません。

しかし、ジグソーパズルなら?

誰でもすぐに始められるのがジグソーパズルの魅力なのです。


🔶 本日ご紹介したジグソーパズルはこちらです。
パノラマパズル ディズニー ミッキー&フレンズ すうじであそぼう 9+13+15ピース 【税込】 アポロ社 [アポロ23-59ミッキーフレンズスウ]【返品種別B】【RCP】

⏩ 楽天市場でパズルを探す


🔶 mamaingはアイロンビーズもオススメしています。
デンマーク生まれのアイロンビーズ 🎁 生きる力を育む知育玩具のアイロンビーズのススメ。


🔶 mamaingは、小学校入学準備を応援しています。

4月 新しい環境に飛び込む子どもたちに大人がしてあげれること。🍀 小学校入学準備リスト


入学に向けて子供たちの心の変化はどうなる? 親の対応はどうしたらいい?? *小学校入学準備リスト


小学校入学後の子供たちに親が出来ること 🍀 小学校入学後の生活

スポンサーサイト

  • 2017.04.18 Tuesday
  • 15:54
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする